この記事では、フィッシングメール?など”危険なメール”の「メールヘッダー」についてお伝えします。前回記事(下記)よりももう少し深堀することで、”何がわかるのか”を紹介します。

【サイバーセキュリティ】第2回 違和感のあるメールの特徴3つを分かりやすく解説

なお、この記事でお伝えするメールヘッダーとは「送られてきたメールの送信者情報から受信するまでの各種情報や経路、受信者情報」を指します。

1.安全なメールヘッダーとは
2.安全なメールをVPN、プロキシ経由をした場合のメールヘッダーとは
3.フィッシングメールのメールヘッダーとは
4.セキュリティ強化 メール認証とは?導入のメリット3つ

1.安全なメールヘッダーとは

  • 送信者側のコンピューター名(デバイス名)任意設定
  • ウイルスチェックの判定結果
  • ウイルスチェックしたサーバー
  • 送信ツール(メールソフト、Webメール)
  • 送信プロトコル(httpやSMTP、POP3、MAPIなど)
  • 送信した時間(例:JST、EST、CEST)JSTは日本標準時間 任意設定
  • メール認証情報
  • 添付ファイル有無し
  • 文字コード(例:iso-2022-jp)エンコード任意設定
  • ドメインサーバー
  • メールサーバー経由情報
  • 受信した時間
  • メッセージ識別ID
  • その他

2.安全なメールをVPN、プロキシ経由をした場合のメールヘッダーとは

  • 送信者側のコンピューター名(デバイス名)
  • ウイルスチェックの判定結果
  • ウイルスチェックしたサーバー
  • 送信ツール(メールソフト、Webメール)
  • 送信プロトコル(httpやSMTP、POP3、MAPIなど)一部可能
  • 送信した時間(例:JST、EST、CEST)JSTは日本標準時間  変更
  • メール認証情報
  • 添付ファイル有無し
  • 文字コード(例:iso-2022-jp)エンコード 変更
  • ドメインサーバー
  • メールサーバー経由情報
  • 受信した時間
  • メッセージ識別ID
  • その他

3.フィッシング詐欺のメールヘッダーとは

  • 送信者側のコンピューター名(デバイス名)
  • ウイルスチェックの判定結果
  • ウイルスチェックしたサーバー
  • 送信ツール(メールソフト、Webメール)
  • 送信プロトコル(httpやSMTP、POP3、MAPIなど)一部可能
  • 送信した時間(例:JST、EST、CEST)JSTは日本標準時間
  • メール認証情報
  • 添付ファイル有無し
  • 文字コード(例:iso-2022-jp) 
  • ドメインサーバー
  • メールサーバー経由情報 一部可能?
  • 受信した時間
  • スパム判定評価(スコア偽造?)
  • メッセージ識別ID
  • その他

メールヘッダーにある「スパム判定評価」を偽造?しているよう見受けました。
X-Spam-Flag:NO  → NOがYESとなると整合性がとれます。正常なメールにはこのヘッダーは付与されません。NOとすることで勘違いさせようとしています。
X-Spam-Score:-0.987  → 正常な値は0~100で数字が高いほどスパムの疑いが濃厚になります。負数の「」になっていることから?です。
・X-Spam-Checkがないこと。スパムチェック判定処理が行われたらX-Spam-Check:YESとなります。

これらのことからメールがスパムと判定されず、すり抜けたのではと思います。また、ヘッダーの整合性がないことがわかりますので、この点から?となり疑いが確信に変わります。

                      イメージ図

4.セキュリティ許可 メール認証とは?導入のメリット3つ

以下の3つのメールセキュリティを導入することでセキュリティが強化されます。ぜひ、サーバー(メール)管理者は導入してみてください。

         メールヘッダー「SPF」「DKIM」「DMARC」導入・パス

◆SPF なりすまし防止

SPF では、組織に代わってメールを送信できるサーバーとドメインを指定することができます。組織からメールを受信したメールサーバーは、送信元サーバーを指定されたサーバーのリストと比較します。これにより、受信メールサーバーは、メールが実際にその組織から送られたものであることを確認できます。

◆DKIM 送信メールのセキュリティ防止

DKIM により、組織から送信されるすべてのメールに、暗号化されたデジタル署名が追加されます。受信メールサーバーは、公開鍵を使って署名を読み取り、メールが実際にその組織から送られたものであることを確認します。DKIM を使用すると、メールがサーバー間で送信される際にメールの内容が改変されるのを防ぐこともできます。

◆DMARC 偽装された迷惑メールに対するセキュリティ強化

DMARC を使用すると、組織からのメールが SPF にも DKIM にも合格しない場合、受信サーバーにその処理方法を指示できます。また、どのメールが SPF と DKIM に合格したか、しなかったかを示すレポートを受け取ることができます。これらのレポートは、メール攻撃の可能性やその他の脆弱性を特定するのに役立ちます。

上記3つのメール認証を設定することでメールセキュリティが強化され一定の効果が期待できます。ただ、各サーバーの仕様によってはできないこともあります。当方のサーバーではDNSレコードにて「SPF」のみ対応できました。

次回は、フィッシングメールに記載されているリンク先と添付ファイルを検証してみます。

テキストのコピーはできません。